2019年12月1日日曜日

【マイファミ食育だより】2019年12月号

こんにちは。

あっという間に2019年も最終月になりました。

皆さんやり残したことはありませんか?

さて、12月の減塩ポイントは
 「 汁物は具だくさんにして汁は残しましょう 」です。




汁物は1杯1-2gの塩分が含まれています。

毎食汁物を食べると塩分を摂りすぎてしまうので1日1杯を目安にしましょう。

また汁物は具だくさんにすると汁の量が減り、調味料を使う量が減るため減塩になります。

ちなみに麺類にも塩分が多く含まれているので具と麺だけなるべく飲まないように気をつけましょう。

院内では「 さつまいもと具だくさんみそ汁 」をご紹介しております。

来院された際には一度ご覧になってください。

管理栄養士 小島千佳

2019年11月1日金曜日

【マイファミ食育だより】2019年11月号

こんにちは。

季節はめぐりあっという間に11月になりました。

いかがお過ごしでしょうか。

さて、11月の減塩ポイントは

「調味料は計測しましょう。」



目分量の味付けは無意識に濃くなりがちです。

調味料は計量スプーンで測ることを習慣化しましょう。

ちなみにレシピ本に書かれている量は。。。

少々は小さじ1/8(親指と人差し指の2本でつまんだ量)

ひとつまみは小さじ1/5で約1g(親指、人差し指、中指の3本の指でつまんだ量)

ひとにぎりは大さじ2(5指と手のひらで握った量)

★計量スプーンが手元に無い場合は上記を参考にしてください。

院内では「れんこんとピーマンのきんぴら」をご紹介しております。

来院された際には一度ご覧になってください。

管理栄養士 小島千佳

2019年10月1日火曜日

【マイファミ食育だより】2019年10月号

みなさん、こんにちは。

暑い夏が落ち着き、過ごしやすい季節になってきました。

さて、10月の減塩ポイントは

だしや素材がもっているうま味を生かしましょう

です。


きのこや根菜など、秋の旬の食材やかつお節、昆布、煮干し、干ししいたけなどのだしの旨味で塩分を少なくすることができ、満足感を得ることができます。

きのこの一種であり、日本で古来から食されている「しいたけ」は、うま味成分の宝庫であると同時に、高い薬効(注)があることで知られています。

うま味が多く含まれる食材を活用して、おいしく減塩しましょう。

院内では「 きのこたっぷりのカレー炒め 」をご紹介しております。

ご来院の際にはぜひ一度ご覧になってください。

注:しいたけに含まれるβ-グルカンやエリタデニンという成分が、免疫力を高めて風邪やウィルス性疾患、さらにはアレルギー症状やガンを予防することが明らかになっています。また、血圧や血中コレステロール値を下げ、骨や歯を丈夫にする作用があることもわかっています。(出典:武鈴子『からだに効く和の薬膳便利帳』P.124)

2019年9月1日日曜日

【マイファミ食育だより】2019年9月号

みなさん、こんにちは。

暑さもようやく落ち着き、季節の移り変わりを感じる季節になりました。

さて、9月の減塩ポイントは

野菜を食べて体内の余分な塩分の排泄を促しましょう

です。

野菜類や果物類、海藻類に多く含まれているカリウムはナトリウムを排泄し血圧を下げる効果があります。

カリウムはゆでたり煮たりすると水に溶け出してしまうので生で食べたり、蒸したり、電子レンジを使用することをお勧めします。

院内では「 サトイモのポテトサラダ 」をご紹介しております。

サトイモはイモ類の中でもカリウムが多く含まれています

また、スーパーなどで購入される際は、泥つきで湿り気があり、縞模様がくっきりと形がふっくらしたものを選びましょう。袋入りの場合は、内部が湿って曇ったり水滴がついているものは避けるといいでしょう。

来院された際には一度ご覧になってください。

管理栄養士 小島千佳

2019年8月1日木曜日

【マイファミ食育だより】2019年8月号

こんにちは。

梅雨があけ、太陽の日差しの強い季節になりました。

熱中症を予防して、この夏をどうぞお元気にお過ごしください。

さて、8月の減塩テーマは5月に取り上げた
 調味料の塩分量 第2弾 です。

塩分量が多い調味料で醤油がよくあげられますが、醤油を使うときにポン酢やめんつゆで代用できる場合があります。

塩分量の違いは

大さじ1あたり
醤油:2.9g、
味付けポン酢:1.3g、
めんつゆ(ストレート):0.5gです。

調味料の選択で摂取する塩分量が大きく違うので意識してみましょう。


院内では「 オクラと長芋の冷奴 」をご紹介しております。

ポン酢を使うことにより味がまろやかになり食べやすくなっています。

来院された際には一度ご覧になってくださいね。

管理栄養士 小島千佳

2019年7月1日月曜日

【マイファミ食育だより】2019年7月号

みなさん、こんにちは。

7月になり暑さも一段と増してきました。

 熱中症 脱水 にならないように こまめに水分 をとりましょう。

さて、7月の減塩テーマは
汁ものの汁の量を少なくする。」です。


 具だくさんにすると、汁の量が減るため、調味料の量を減らすことができます。

 野菜をたっぷり 入れることで、野菜に含まれているカリウムがナトリウムの排出を促します

また、食物繊維カリウムビタミンも摂取でき、具材を大きく切れば食べごたえのあるスープになります。

院内では「 鶏肉とブロッコリーのトマト煮 」をご紹介しております。

野菜の中で、食味、見た目、栄養成分、品質の豊富さ、そのどれをとってもトップクラスの トマト は最も人気があリます。

愛知県では古くから本格的なトマト栽培が行われてきました。ちなみに、全国的に有名な「ファーストトマト」は愛知県豊橋市生まれなのですよ。

蒸し暑い季節にぴったりで食べやすい料理になっています。

来院された際にはどうぞ一度ご覧になってください。

管理栄養士 小島 千佳

2019年6月1日土曜日

【マイファミ食育だより】2019年6月号

みなさん、こんにちは。

じめじめと蒸し暑い季節になってまいりました。

今年は例年よりも暑さの到来が早いようです。まだ暑さに慣れてない身体のバランスを、食事で補ってまいりましょう。

さて、 6月の減塩テーマ 香辛料香味野菜酸味です。


これらを上手に使うことで料理の味を引き締めることができ、少ない塩分量でおいしく食べることができます。

香辛料
こしょう、唐辛子、マスタード、カレー粉などの香辛料は味のアクセントになります。

香味野菜
みょうが、山椒、にんにく、しょうが、ねぎ、大葉で料理の味を引きしめましょう。

酸味
ゆずやレモンの酸味を利用しましょう。

院内では「きゅうりとわかめの酢の物」をご紹介しております。蒸し暑い季節にぴったりで食べやすい料理になっています。来院された際には一度ご覧になってください。

管理栄養士 小島 千佳